システム開発事業部 | 株式会社シンセー

システム開発/ハード

低コスト・高感度の放射線可視化カメラの販売スタート

原発問題に起因するホットスポットを特定し、除染作業の効率を上げるため、10μSv/h 程度の低レベル放射能汚染の分布のイメージングすることを可能としたガンマ・アイを開発、まもなく販売をスタートします。

原型モデルを東京大学宇宙線研究所、茨城大学理学部、北里大学医療衛生学部との共同研究により開発

ガンマ・アイは本体をパソコン(PC)と繋いで、ディスプレイにて放射線量の分布状態の目視による確認が可能です。 
 短時間で広範囲(最長100m以内)を計測でき、ホットスポットを特定することができます。自然放射能レベルから10μSv/h 程度以下の環境で使用することが可能です。計測結果は色で可視化され放射線量が高ければ「赤く」表示され、低くなるに連れ「黄」「緑」「青」と表示されます。更に小型・軽量という特徴が加わります。
ガンマ・アイは放射線検出原理としてコンプトン散乱を採用しております。さらにガンマ線の測定に対する新手法として、結晶を使用しているにもかかわらず、エネルギー拘束条件をかけることによって高い角度分解能を得るという手法を採用しました。その結果、安価でありながら、ガンマ線に対して高検出効率を維持しつつ、高い角度分解能を実現することに成功、実用的な製品として販売する運びとなりました。

システム開発/ハード

業界最薄。 業務用小型コンピューター C5000の紹介

病院施設、日本国内県庁(島根県県庁)にて納入・稼働中のコンピューター。
対環境性能に優れた動作信頼性を追求した計測・データ計算の現場に特化した設計となっております。

省エネ省スペースの理由=独自のファンレス&ヒートシンクレス&HDDレス設計。

他社の製品には無い「薄さ」を追求するため、可能な限り不要なパーツを排除した設計。
システム組み込みの現場において、"実際に組み込むことが出来る" 軽量化小型化の、ニーズに対応。 




IMG_0321.JPG業務用コンピューターC5500
IMG_0315.JPGIMG_0318.JPGIMG_0327.JPG

クリックすると拡大します。

システムソリューション

電車事故を軽減させる、一つのアイデアです。

状態確認システム4.002.png

駅ホームに於ける状態をモニタリング集約。 計算機にてデータ解析、アクションの実行。

ハードからソフトの設計、開発迄対応可能です。


モノの流れ、状態を集約して把握するシステム案です。

状態確認システム4.001.png

遠隔地点のデータをデータ通信にて集約。 計算機にてデータ解析、表示。

ハードからソフトの設計、開発迄対応可能です。


earth.jpg人工衛星を使ったデータ通信を採用することで、全世界にて適応可能
NTTの提供する人工衛星データ通信回線を使用してデータ通信を行うことで論理上地球上全ての地域にてサービス適応が可能となります。
加えて、データ集計の対象はあらゆる機器が対象に。 
通信機能を搭載している既存端末、GPS機能と連携して位置や数値情報等を取得することが可能となります。


グラフ.002.png集計した結果の表示方法は、必要な活用方法に応じて対応が可能。 
集計した情報は、状態に表示が出来ます。活用シーンをご相談下さい。適切な手法とUIを設計いたします。


システム開発

━━━開発コストにお悩みではありませんか?

シンセーでは、システム開発の現場に於ける問題の根本的な解決策を提案いたします。
弊社の推奨するグラフィカル言語 "Labview"。 このツールを使用することで開発の工程の大幅な短縮, コスト削減が実現出来ます。

━━━具体的な開発事例

Labviewを使って開発したシステムは弊社開発納入のハード機器「C5000」シリーズを始め、数多くのハードとともに現場で動作しております。医療機器や工場の生産ライン、工業製品の治具等、数多くの端末の内部で動作しております。詳細の情報をご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい

システム内部に関する問題だけではなく、シンセーはハードを製造する工場にて、より時代の要望にマッチした、システムの「省コスト化」「省スペース化」に対応可能です。






110715_lv11.gifグラフィカル言語 Labview

※Labviewについて、日本代理店National Insturment社のwebサイトを御覧ください。